読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじまるの人生日記

いつも幸福な人間が、その人格を考察したり仲間を探すためのブログ

インド一周バックパッカーの旅をしたときのこと

2011年3月、28歳のとき。
2つ目の会社を辞めてまた転職するタイミングで、インドを旅しました。
インドに入る前、ストップオーバーで香港とマカオに寄り、合計40日間ほどの旅です。

なぜインド?

刺激、成長を求めて。
東南アジアを旅したときに知り合った旅の仲間たちの集まりで、
「これまでに訪問した国で一番刺激的だったところは?」という問いに、
ほとんどの人がインドを挙げたからです。
なんかカオスで危ない国、ということでした。

f:id:kajimaruslife:20170214163544j:plain

この旅のあとしばらくは日本で出会うインド人にちょっと恐怖心がありました(笑)
旅では日常的に詐欺とか仕掛けられていたので。写真のインド人は変顔勝負をしたイイヤツです。

旅を写真とともに振り返る

香港

香港の夜景は東京では見れないほど凄かった。
f:id:kajimaruslife:20170214164448j:plain


おかゆがめっちゃうまかった。
f:id:kajimaruslife:20170214164445j:plain


魯肉飯まじうまかった!
f:id:kajimaruslife:20170214164447j:plain


タイムズスクエアと見紛うばかりのネオン
f:id:kajimaruslife:20170214164446j:plain


独房と見紛うばかりの安宿。
f:id:kajimaruslife:20170214164449j:plain


マカオ

マカオタワーからの世界一高いバンジージャンプをしました。
夜に飛んだんですが、マカオの夜景がキレイで、そしてタワーの下は闇で吸い込まれそうな感じでした。
落ちる瞬間、体が傾いていく瞬間が一番怖かったけれど、それを過ぎると普通に面白かったですね。
当時26,000円くらいしたので、そこだけ躊躇しました。
f:id:kajimaruslife:20170214164452j:plain


マカオのカジノ街
f:id:kajimaruslife:20170214164451j:plain


インド

予算は一泊300円〜600円の安宿。南京虫にやられたことはないので幸運でした。
この写真はニューデリーのパハールガンジにある宿で、これが一番汚かったレベルです。
f:id:kajimaruslife:20170214162902j:plain


基本的に露店のものを食べるようにしていて、ほとんど美味しく食べれました。
f:id:kajimaruslife:20170214163540j:plain


タージマハルに行く日の前の日の夜、食中毒になってずっともだえていて、早朝に、路上に吐きながら向かいました。
観光後に地べたに座り込んでいると地元民が集まってきたので、iPodに入れたエロ動画を見せているところ。
f:id:kajimaruslife:20170214162901j:plain


毎日下痢で、夜のバス移動の際についに我慢できなくなって途中で降り、明かりが全然ない村の道沿いで致しました。
途中で降りるとこの先どう行けばいいかわからなくなってしまうので路頭に迷ってたら、何かインド人が助けてくれてどうにかなった。
f:id:kajimaruslife:20170214163158j:plain


人気スイーツ店。
f:id:kajimaruslife:20170214163959j:plain


インドの南部へ向かう電車は20時間以上かかる区間が何度かあったはず。車内ではチャイ売りから買ったチャイを飲んだりしてました。
南部での移動はバスが多くて、それも10〜20時間かかることが何度か。青春18きっぷの旅の比ではない辛さだったはず。
f:id:kajimaruslife:20170215000647j:plain


映画館。その時は日本人と一緒だったので、襲われそうになったら逃げよう!と事前に打ち合わせてました。
f:id:kajimaruslife:20170214162859j:plain


砂浜に牛がいたりメリーゴーランドがあったり。
f:id:kajimaruslife:20170214163541j:plain

f:id:kajimaruslife:20170214163157j:plain


インド人と食卓を囲む
f:id:kajimaruslife:20170214163155j:plain


スイカジュースうまい!
f:id:kajimaruslife:20170214163153j:plain


この変なお菓子うまい!
f:id:kajimaruslife:20170214162857j:plain


しょっちゅうぶどうを房で食べてました。
f:id:kajimaruslife:20170214163543j:plain


日本で食べれるインドカレーみたいなのは、露店では全然見れなくて、庶民は食べてないと思います。
ちゃんとしたレストランでなら食べれました。
f:id:kajimaruslife:20170214164118j:plain


その他の写真
f:id:kajimaruslife:20170214163957j:plain

f:id:kajimaruslife:20170214163958j:plain

f:id:kajimaruslife:20170214163159j:plain

f:id:kajimaruslife:20170214164119j:plain

気づきなど

常識や文化を超えてますます自由になる

インドでは、右手で食べて、左手で尻を拭く。始めの一回はちょっと抵抗があったが、すぐに慣れた。こうやって日本人としての常識、こうするのが当たり前ということをやぶるとき、「あ、やっていいんだ」という感覚によってますます自由になる。枠を超えて俯瞰的な視点が持て、常識はあくまでその文化での常識でしかないと気づく。

『常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションである。』とアインシュタインも言ってますね。

寛容さ

特にインドのお店の接客態度は悪い。日本の感覚だとイラッとして文句を言いたくなるだろう。でも、インドではそれが普通のことだ。日本が過剰なだけかもしれない、という別視点に立てる。自分を反省し、さらに寛容になれる。

リスクのクリティカルなラインまで攻める

何かを経験する際には、どういうリスクがあるかを知り、どこまでリスクを取れるかを考える必要がある。例えば、インドなどで人から何か誘われた場合は、リスクを全てをシャットアウトして無視するのではなく、何をやっちゃいけないのかのクリティカルなラインだけ意識して、そのラインまでは踏み込んで良いとする。これは知識や経験が必要なので、インド旅では勧めることはしないけど、こういう意識を持ち続けると、色んな経験ができるし、問題への見方が磨かれるだろう。これの対極がゼロリスクの考えで、これだと自分も社会も立ち行かなくなる。
リスクを取る覚悟があるからこそ、オープンマインドになれる。人として強くなる。

欲求に気づき、認めること

インドでタクシーに乗ってたら、運転手が通行人の女性を毎度ガン見していて、「インド人は自分よりも欲求に対して素直だ」とハッとしたことがある。
僕もキレイな女性がいたらガン見したいと思う。でも恥ずかしさや迷惑にならないよう制限しているに過ぎない。そういう欲求を悪いものとするのは高いレベルの文化にはなるだろうが、人間としては不自然なのだと思った。
それが許容できる社会というのは、男性も女性も、成熟した人格である必要がある。じゃないと弱者である女性が恐怖する社会になる。なのでそういう社会を求めるわけにはいかないけれど、人のこういう欲求に対しては自然なものとして受け入れることができる。

「旅」と「旅行」の楽しみの違い

日本人と一緒に歩いていると、そのときに体感しているものはその人とのコミュニケーションになってしまい、その地を体感するなら、一人で歩く必要があると感じた。これは、旅と旅行の楽しみ方の違いにも関係して、仲間と楽しみたいなら旅行でいいが、その地を深く経験、楽しみたければ旅でなければならない。

高学歴の人が好きな理由の一つ

卒業旅行の学生が多かったんだけど、ほとんどの学生が一流大学だった。面白いと思って、あるとき居合わせた4人に大学名を聞いたら、東大1人、阪大2人、京大1人という組み合わせ。すごい!みんな知的で良い人たちだった。やはり好奇心や成長欲求が高いんだろうなぁ。
僕が高学歴の人は面白くて好きという価値観を持つに至る一つの経緯。

日常を離れるとやりたいことに気づく

ネットやパソコンを使わない非日常な時間を過ごすと、やっぱ仕事好きだなとかパソコンを使いたいと改めて気づいた。あと、僕は「旅人」ではないようで、旅より日本での日常が好きだとわかった。

おわりに

旅では、訪問先の文化にできるだけ合わせることを意識しています。
例えばインドでは、ホテルに宿泊しレストランで食事をしツアーで観光をするだけだと、いくらインドを周ろうと、インドを『見た』だけに留まり、『経験した』とはなりません。
上に挙げた気づきも得れないでしょう。
旅行ならそれで良いんですが、インドで何かを得ようとするのなら、ぜひ現地民の文化に倣うことを意識するべきです。

僕は自分で経験してみて、『旅は自分の世界を広げる』『人間を大きくする』ということは、上に挙げたような気づきのことだと思ったんです。
日本の文化やこれまでの常識の壁を破った先に得るものは確かにあって。
興味があれば、ぜひ自分で経験してみて、どう感じたか、気づくのは数年後になるかもしれないけれど、素直な気持ちでチャレンジしてみて欲しいと思います。